~ワカモトと共にあらんことを~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
200703271400232
20070327140023
25日は超~~~眠たい目をこすりながら、アブダビコンバット一次予選に師匠のアカデミアアーザ和道さんや荒牧、滝澤さんや知り合いなど沢山エントリーしているので応援にいきました。
僕が月水金と指導しているフィットネスショップファイティングアカデミーの会員で切り込み隊長の山口さんもこの大会のビギナークラス71キロ級にエントリーしました。山口さんはこれが格闘技初試合、気合いを入れて応援です。

結局アーザ勢は2次予選に進むことはできませんでした(後日和道さんは負傷欠場者が出たため繰り上げで2次予選出場になりました)。柔術とグラップリングは似て非なるもの、なかなか簡単には勝たせてくれないものですね。でもエントリーしてトライすること、経験することが次に繋がるのだと思います。僕もがんばらないと。
一方山口さんは一回戦はシードで二回戦がいきなり決勝です。持ち前のワイルドな動きと思い切りの良さで相手を圧倒、見事優勝しました。まだ格闘技始めて数ヶ月ですがたいしたものです。これから更なる活躍を期待しています。

夜8時に家に帰って少しご飯食べたら、連日の寝不足のせいで物凄い睡魔が襲ってきました。結局9時には寝てました。次の日目が覚めたのは11時半でした。

いやぁ~それにしても喜怒哀楽、悲喜こもごもの週末でありました。ふぅ~
スポンサーサイト
200703261450572
20070326145057
24日土曜は朝7時半の新幹線で名古屋へ。アマチュア修斗中部地区トーナメントにアカデミアアーザから3人出場するのでセコンドで行きました。
一昔前まで自分は選手業一辺倒でセコンドなんてつくこともなかったし、勝手もわかりませんでした。
最近になってようやく慣れてきて落ち着いてできるようになりました。でもまだカットした時や鼻血の処理などがわからないので勉強しないといけません。これから立派な指導者に成るために頑張らないと。
そんなこんなでセコンドついていたら選手みんな勝ちまくっちゃいました。フェザー級の浜路さんが3位、ライト級の丸ちゃんが優勝、ナイスミドル級の平ポンも優勝でなんと5階級中2階級をアーザが制しました。丸ちゃん平ポンは秋の全日本アマチュア修斗選手権の出場資格をゲットしました。
帰り名古屋駅地下街でおつかれさん会をして9時半の新幹線に乗りました。突然浜松駅でストップ、何やら線路内に人が入ったらしいとのこと。すぐ動くのかと思いきや警察の現場検証やらで結局4時間以上待たされました(>人<)。後日ニュースで、新幹線走行中に中から非常用ドアコックでドアを開けて人が飛び降りて死んでいたそうです。
そんでもって家に着いたのは午前4時をまわっていました。明日も朝から用事あるのにと泣きそうになりながら朝5時に就寝。

つづく

200703221320272
20070322132027
上野公園を散策中、物凄いデカい犬と遭遇しました!写真のとうり説明は不要なんですが、とにかくデカい。犬種はグレートデーンだと思われます。一般にグレートデーンは茶色が普通?ですがこの犬はマダラでかなり渋かったです。後で調べたらグレートデーンは世界一体高が高い犬種で性格はおだやかだとか。
もう一枚の写真の我が愛犬モコとは比較になりませんね。しかしエサ代半端なさそう…

20070319143943
17日にディファ有明で開催されたケージフォースを見に行きました。ライト級とウェルター級のトーナメント一回戦で、自分の知り合いが沢山エントリーしています。

中でもライト級の光岡さんは元アルバイトの同僚なんで特に気合いを入れて応援しました。試合は減量がきつかったのか沢山の汗をかいて2R終了時点ではかなりバテ気味でした。このままでは判定になるとやばいかなと心配していたら、3Rに相手のタックルをギロチンチョークで見事に合わせて一本勝ち!会場も大歓迎に包まれました。光岡さんの2回戦(日程は未定)はこれまた知り合いのタクミさんと対戦、勝ち負け云々よりもどんな試合になるかワクワクしています。

その他ウェルター級の菊地選手や門馬さんも順当に勝ち上がり、僕と同階級だけに良い刺激になりました。

試合前には岡見選手達と、日頃できないカナアミを使っての練習もさせていただいて、UFCでの感覚を体に覚えさせることができました。
自分の試合まであと二週間と少し、緊張よりも今までの練習の成果がどんな風に出るのかワクワクしています!
写真はケージフォースに向かう途中、ユリカモメから激写したレインボーブリッジだす。
200703102334176
200703102334174
200703102334172
20070310233417
ついに可愛いランキング3位の赤ちゃんが現れました!

中山 徹氏はトライフォース所属の茶帯柔術家であります。その研ぎ澄まされた体と豊富な練習量でいつも僕を誘惑してきて、いつのまにかパスガードされてしまいます。

一度パスガードされたら最後、その可愛いさにはまってしまい、ついつい赤ちゃん言葉で話しかけてしまいます。

しかしこちらが赤ちゃん言葉で喋りかけようとも徹さんは全く相手にしてくれません。こんなやりとりをかれこれ3年位続けています。こんな老獪な戦法で攻めてくる漢は徹さんただ一人です。そして毎年可愛いランキングをアップさせてきました。ランキング制定当初は38位だったのに今では3位です。禁断のランキングNo.1を狙っているのは見え見えですね。

20070306145838
4月5日UFCアルティメットファイトナイトで対戦を予定していたジェフ・ジョシュリンが怪我の為欠場、代わりにフォレスト・ペッツというアメリカ人になりました。17勝2敗のストライカータイプです。

ストライカータイプは僕の得意とするところなのでカウンターの右ストレートで葬り去る予定です。

僕のこの打撃応戦プランに異議を唱える人はいないはず!?

ちなみに写真はフォレスト・ペッツではなく松尾芭蕉人形です。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 弘中邦佳乳糖不耐性日記 all rights reserved.
プロフィール

弘中邦佳 (ひろなか くによし)

Author:弘中邦佳 (ひろなか くによし)
1976年6月17日 山口県出身
身長:176センチ 体重:77kg
戦績 プロ修斗9戦7勝2敗 

柔道初段
ブラジリアン柔術黒帯

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。